せっかくダイエットに成功したと思っても、リバウンドしてしまっては意味がないですよね。
リバウンドのせいで、ダイエットをする前よりも太ってしまったなんていう声もよく聞きます。
食事制限によって短期間で痩せるとなると、リバウンドの危険性は一層高まってしまいます。

どのような対策をすればいいのでしょうか。
リバウンドしないための基本と、ダイエット方法を見ていきましょう。

短期間で痩せる場合は

3週間で痩せるなどの短期間で痩せることを目的としたダイエットの場合は、途中でやめたり、目標体重になったからといって急にやめたりするといっきにリバウンドしてしまいます。

一時的に痩せることは誰にでもできますが、痩せてからも状態をキープすることはしばらくの間は難しいのです。短期間で痩せる場合、ダイエットを中断または終える際には、食事は徐々に戻していくようにします。

炭水化物を控えていたり、置き換えダイエットをしている場合には、1日おきに、通常の食事にしたり、食事の量を増やしていくなど、急に摂取カロリーを増やさないための工夫をしましょう。ダイエットが終わった後でも、こまめな体重測定が必要になります。

リバウンド防止の4つの基本

リバウンドを避けるための基本は「時間をかけてダイエットを行う」「極端な食事制限はしない」「良く噛んで食べる」「できるだけ運動をする」です。

3週間で痩せるなど、短期間で痩せることを目指すダイエット方法もありますが、リバウンドを避けるためにはやはり長期間のダイエットが最適です。長い時間をかけて少しずつ体重を落としていくことは、体への負担が小さく、健康的なダイエットになります。

極端な食事制限に頼ることなく、長期的に運動を行うことによって新陳代謝を高めることができます。日常的に運動を行うようになれば、自然と痩せる体になります。しっかりと食べ物を噛む習慣もとても大切です。

たくさん噛むことによって消化を助けますし、噛むという動作は満腹感を得ることにもつながります。はじめは面倒かもしれませんが、一口食べるごとに30回噛むようにすれば、普段より少ない食事量でも十分な満腹感を得ることができますし、ゆっくり時間をかけてたべることになります。時間をかけるということも、たくさん食べたといういい錯覚を生んでくれます。

おすすめのダイエット方法

リバウンドをしないためには、長期的なダイエットを行いましょう。3週間で痩せるなどの短期間で痩せるダイエットに挑戦する場合には、どうしてもリバウンドの脅威に怯えなくてはなりません。

1ヵ月に3キロ以上落とすようなダイエット方法は、リバウンドを招いてしまう可能性があります。30キロや40キロ痩せるというのであれば話は別ですが、5キロから10キロ程度のダイエットの場合は、1ヵ月で2キロほどを落としていく程度のゆるやかなダイエットを行うようにしましょう。

厳しい食事制限は必要ありません。必要なのは、痩せる体づくりと運動です。ある程度の筋肉をつけ、代謝を上げられるように、運動と食事メニューを組みましょう。

食事は、炭水化物を控えめにし、ささみや牛モモ、豚モモなどの脂肪分の少ない赤みを適度にとるようにします。運動は、筋トレよりも、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を積極的に取り入れ、柔軟体操を行うようにします。体がやわらかければ、それだけで痩せやすい体質を手に入れることができます。

まとめ

リバウンドをしないためには、長期的にゆるやかに体重をおとしていくようなダイエット方法がいいのです。極端な食事制限は必要ありません。必要なのは適度な運動と、よくッ噛んで食べる習慣です。3週間で痩せるなんてことをすると、リバウンドを招きやすいので注意しましょう。

関連記事